SCROLL

資料請求・内覧予約
資料請求・内観予約
CONCEPT

BRAND

BRAND

オフィスビル内のさまざまな場所で、
人が集まる輪(Circle)が生まれる。
地域に開かれたオフィスビルとなり、
社会の輪(Circle)の一員となる。
”集まって働くこと”で、生産性や快適性を
向上のサポートをする役目でありたい。
そんな思いから
「人が集まる”車座・円座”」様子を意味する
「Circle」にSを付け、
CIRCLES(サークルズ)と名付けました。

STORY

  • これからの時代に必要なオフィスのかたちとは?

    自由な働き方の時代にそぐう
    オフィスのあり方とは。

    ノートPCやクラウド、テレワークを駆使しながら
    固定の場所にとらわれず、
    自宅やカフェなどさまざまな場所で
    仕事をする、そんな働き方が注目されています。
    これにより個は尊重され、能率は上がりました。

    では、これからの時代、
    オフィスは必要ないのでしょうか?

  • プライバシーとシェアのちょうどいいバランス。

    プライバシーとシェアの
    ちょうどいいバランス。

    私たちはまず働く人ひとりひとりにとっての
    「心地よいオフィス」とは、何だろうと考えました。
    防音や空調、セキュリティなどのプライバシーは確保しながら、
    ものやサービス、場を効率よく共有できる仕組みがある。
    そんな「プライバシー」と「シェア」が、
    いいぐあいにバランスがとれた環境であると思い至りました。

  • 働く人と地域をつなぐ。建物と街をつなぐ。

    働く人と地域をつなぐ。
    建物と街をつなぐ。

    また、仕事にしっかりと集中できる場は用意されていながら、
    余白の時間には、思いがけない出会いや、
    アイデアが湧いて来るような、あたらしい刺激がある。

    それらを誘発する仕掛けとして、1階エントランスに
    あたらしい個性を持ったカフェやショップなどの機能を併設。
    オフィスが街に開かれ、地域とつながるシーンをつくります。

  • あえて「集まって働く場」をつくるということ。

    あえて「集まって働く場」を
    つくるということ。

    心地いい働く場があると、つい通いたくなる。
    すると自然に人が集まり、輪が生まれる。
    人と人の信頼が育まれ、生産性も上がる。

    働き方が自由に、
    柔軟になってきた今だからこそ、
    その大切さに気づいたのです。

    あえて「集まって働く場」をつくるということ。
    その次に求められる、
    新しいオフィスのかたちです。

PAGE TOP